体落とし
((戻る))
体落とし(良い例)   体落とし(初級編)   体落とし(稽古編1)   体落とし(稽古編2)   体落とし(連絡技1)   体落とし(連絡技2)
体落とし(良い例) ■崩し
   受の両つま先に体重を載せる
■引き手
   崩しで受の右腕を前上方に引き、掛けで急激に下方へ引き落とす(半円を描くようなイメージで)
■釣り手
   右肘を立てて受の左腋に差し入れて押し気味に釣り上げる。
■作り
   上体は受の左半身前に、右足は受の右足外側前方に置き、重心をやや右足に移す。顔は正面(下を見ない)。
■掛け
   上体の回転動作、両腕の引き出し、右膝の伸展により受を右前方に投げ落とす(ふくらはぎで脛を撥ねて相手をつまづかせるようにする)。
体落とし(初級編) @ 後さばきで右足を軸にして反時計回りに左足を引き、同時に引手と釣手を効かせて相手をその前隅に大きく崩す


A左足を素早く自分の右踵近くに引き、右足は膝を曲げてふくらはぎが相手右脛に当たるように踏み込む。
B引き手を一気に引き下げると同時に、膝を伸展させて相手を引き落とす。
体落とし(稽古編1) 【うまく入れない 細かい部分を意識したい】

@一人打ち込み
 ・形をつくること。
 ・入る際のリズムの獲得。
【初心者 とにかく形を作りたい】

A打ち込み
 ・形をつくること。
 ・間合いの意識化。
【細かい部分を意識したい  投げきれずふせがれてしまう】

B三人打ち込み
 ・形をつくること。
 ・崩しの局面の意識化。
 ・掛の局面の感覚つくり。
 ・パワー増強(特に掛けの局面)。
体落とし(稽古編2) 【初心者 何だかうまくいかない】

C投げ込み(打ち込み→)
 ・形をつくること。
 ・投げる感覚つくり(投げ込み)。
 ※実際に投げることで悪いところを認識できる。
【実戦向き 最終調整に】

D移動投げ込み
 ・形をつくること。
 ・掛けの局面の感覚つくり。
 ・タイミングの獲得。
体落とし−連絡技(大内刈り→体落とし)− ■取は「大内刈り」を掛けて、受がその右足に重心を移したところを「体落とし」を掛ける。
   @大内刈りを掛けて受をその右足に重心を移させる。
   A受を両手で更に引き出し、左足を受の左足外側に素早く置く。
   B両手の一気に引き落とし、膝の伸展と共に投げる。
体落とし−連絡技(支え釣り込み足→体落とし)− ■取の「支え釣り込み足」に応じて、受がその左足に重心を移したところを狙う。
   @受の右足に支え釣り込み足を掛けると、受は体勢を整えようとしてその左足に重心を移す。
   Aその瞬間、受を両手で前または左隅に引き出し、左足を受の左足外側に素早く踏み込む。
   B両手を一気に引き落とし、膝の伸展と上体のひねりを効かせて投げる。
 
((戻る))